FC2ブログ
2010/09 << 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>> 2010/11
外壁下地を湿式(ラスモルタル)でなく乾式(サイディングボード)でつくってみました. 
外壁を工業製品でつくってしまうのが多い建築業界ですが,それ
だけでは無機的すぎて暖かみも面白さが欠けてしまいがち.

なんとかしたい!でも法的な規制もあるし,コストあっての家
づくり....

そこで,よく採用するのが左官系の外壁.その中で,もっとも
ローコストでできるのがリシン吹付け仕上げです.(リシン吹
付けは分類的には塗装工事ですが).ガルバリウムとも違い色
の選択肢も無限に(?)あるのもポイントです.

なので必然的に採用する事が多い仕上げ方法です.次の問題は
リシン吹付けや左官仕上げの外壁の下地をどうつくるか?

左官系下地の宿命的な問題点はクラックです.


木づり板
▲一般的に僕が良く採用する方法は,最も古典的(?)な方法で
いわゆる「ラスモルタル」と言う方法です.木づり板という板を
スノコ状に貼って,ラスという金網を貼ってからモルタルを塗っ
て下地をつくります.モルタルに混ぜる骨材が進歩してクラック
が入りにくくなってきています.

その他に,ラスカットと言うボードを下地に使う方法もあります
が工務店さんが強く勧める(=保証をする)という場合を除いて
採用していません.

いろいろと意見交換をするのですが,木づり板によるラスモルタル
が有効的な方法だと思います.


サイディングボードの施工
▲今回「まわる家」では.さらにアレンジした方法にチャレンジ
しています.某建設のNiさんからのアドバイスからです.サイディ
ングボード(いわゆる3×10版)を貼り目地を処理してリシンを
吹く事です.採用したボードはUB(ウベ)ボード(宇部興産).

ウベボードは誰が貼るかによってコストが違う不思議な商品です.
ウベボード施工(メーカー指定の業者施工)はコストの面から削
除.大工さんが貼る説がありましたが,板金屋のMr.サトーが担当.
(これがやや反省点だったかかも→やはりコストは施工精度に比例
するかも)

ラスモルタルを採用しないで,サイディング下地を採用したメリッ
トは何か?「工期短縮によるコストダウン」「クラック」です.

「湿式」「乾式」という用語がありますが,乾式にすることによっ
て(モルタルと言う水分を含んだ材料による下地づくり=時間が
かかる,収縮によるクラック発生)欠点を補いかつ,コスト面も補
おうという試みです.


ソフトリシンの施工1013
▲天候が危ぶまれましたが本日,リシン吹付けの施工が行われま
した.今回の施工範囲は,外壁面の中庭に面する所のみなので
施工範囲が狭い事も乾式工法を採用した理由の一つですが,全体
を吹き終わってみて,ボードの目地部分がやや浮き上がって見え
るのがボードで施工することの宿命かと(かなりグラスファイバー
&パテで対応していますが)...
少し残念でも一つの可能性も見えてような気がしています.

あと,今回は「ロの字」状の形状の家なので,構造的にも駆体を
固める意図もあり,木づり板よりも構造上有利なノボパン(ボード)
+サイディングを採用しています.


↓クリック希望中....
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村



  本日「住宅設計・住宅建築家」  21位/ 616サイト
    「住まいの豆知識」     05位/ 287サイト
    「一戸建て住宅」       10位/ 310サイト
    「住まい」          102位/10008サイト

建築家.米村和夫の建築 Site
スポンサーサイト



テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2010/10/13 Wed 16:04 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
| HOME |
ブログランキング・にほんブログ村へ