FC2ブログ
2010/01 << 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28.>> 2010/03
3タコ状態.ちょっと許せない!...L社 
またまた,フローリングが欠品!

無垢のフローリングがいい事は言うまでもない
のですが,当たり前の事として,「良いフローリング
は高い」という概念にどこまでチャレンジするかが.
設計者の腕の見せ所の一つ.

昨年より,はまっていたのが,幅広タイプのフローリング
です.幅12センチのもの.普通9センチ.中にはもっと狭
いのもありますが,1本の木から幅の広いフローリングを
確保するのは大きな木からでないと無理.

よって,幅広フローリングは高価なものです.

で,昨年,某L社というフローリングメーカーの存在を知り
ました.なんと.ビックリするくらいの超安値!でして...
中国製.(食品は嫌われますが,建材は別.中国製をなくして
ローコスト建築は語れない....)

知らない世界を知ってしまったようで,ワクワクして,
図面に入れるようになりました.クライアントにも「幅広
タイプはいいです!木の重量感というか存在感が違います!」
と....

で,昨年末に「吉祥寺の家」で発注をしようとしたら「欠品」
との返事.何しろ,超安値!だっただけに,他社には「ない」
のです.

で,今回.「住宅地の中のコートハウス」で2回目.で...
「めだかはうす」もそうなので3タコ状態.ちょっと許せない!

悔しいけど,幅広フローリングの話は封印します.
L社は一体どうやって営業しているのかも疑問


コートハウス1010989
(写真)「住宅地の中のコートハウス」の屋根の通気胴縁の施工

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村
click please!! (1日1回クリックして頂けると嬉しいです。)

建築家.米村和夫の建築 Site
スポンサーサイト



テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2010/02/27 Sat 01:01 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
いつも駅前にいるおばちゃんたち 
成田線という,かなりローカルな電車に
乗る機会があるのですが,なんらかんら
気に入っています.

1時間に2本くらいしかないのに車両はやたら
と長く非効率的な発想はともかくとして...

村役場までは,ネットでは「バスで10分」等
と書いてありますが,1日にほんの数本しか
ないのでバスに乗るなんて想定外の話.

いつも徒歩です.30分くらいを,いろんな事を
思いながら,農村風景を楽しみながら歩きます.
天気さえよければですが,贅沢な時間です.

駅前は,いつも農家のおばちゃんが野菜を
売っています.いつも不思議に思います.
野菜は買いたいと思いながらも電車では...
やはり無理です.しかもオーラが強すぎて
近寄れないのですが,

朝ならともかく,少なくとも明るい時間はいつも
います,


小林駅で0072-1
(写真)成田線の某駅の駅前に行くと,いつも開いている露店

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村
click please!! (1日1回クリックして頂けると嬉しいです。)

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2010/02/26 Fri 01:08 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
スチール庇の取り付け 
「小川の流れる家(通称:めだかはうす)」は朝より玄関の
スチール庇の取り付けが行われています.

鉄板でつくった庇は,シンプルでありながら,円形もチーフを
使った存在感を強調したデザインを試みています.


玄関ドアが予想以上に,存在感があったために,ちょうど良い
バランスになって一安心.

めだかはうす1000154


めだかはうす1000158
(写真)「小川の流れる家(めだかはうす)」の玄関の庇(スチール)の施工

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村
click please!! (1日1回クリックして頂けると嬉しいです。)

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2010/02/24 Wed 20:23 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
変更はどこまで可能なのだろうか 
今日は事務所でひたすら図面を描いています.
日曜日の「まわるいえ」の打ち合わせで,(ほぼ)
基本設計から実施設計に移行した状態です.

「基本設計」は,予算などを意識してイメージ
から始まったプロジェクトを,具体的に,そして
法的にもまとめあげて行く段階の設計を言います.
スケールも大きくまだ詳細図などは描きません.

「実施設計」は,施工や見積りをするために描く
もの,詳細にわたり固めていく段階です.ここでの
作業があって正式な見積りができます.

僕はいつも「基本設計までは”いくらでも!”納得の
いくまで(何パターンでも)検討しますよ」
と言
っています.これは僕の信条です.

家は,普通,人生で”一回“のみ”の大イベントなので
納得のいくまで検討し,悔いなく話し合う事が
大事です.

と,同時に,実施設計に集中したいからです.
デザイナーにとって,この期間の集中力は
とても大事.

問題は.実施設計に入ってからの変更.永遠の課題
でもある.これは.出来る事と,出来ない事がでて
きます.建築家の目線で言いますと,もう変更した
くないと言うのが本音.
ひたすらトップスピードに乗って作図をしたい.
(それが,いい建築をつくるコツだと思います)

実施設計後の1カ所の変更は,何時間分にも相当す
るだけでなく.図面の食い違いの基になり,それが
見積りや現場で不協和音を招くきっかけになります.
描いた図面を消す作業は,事務所内の空気も悪くなる.
結局,あまりプラスには働かないのです.

こんな事も.いい家をつくるコツなんです.

コートハウス0057-1(写真)「住宅地の中のコートハウス』の1階床の施工

コートハウス0066-1
(写真)「住宅地の中のコートハウス』の屋根の先端の施工

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村
click please!! (1日1回クリックして頂けると嬉しいです。)

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2010/02/23 Tue 16:17 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
現場のコミュニケーションあっての建築 
「住宅地のなかのコートハウス」の現場立合いに行ってきました.

田園風景まっただ中の家を担当していただいた仁科建設さんの
現場です.
先週は天候に恵まれず苦戦を強いられましたが,今週は
問題なさそうな予感です.イケイケモードです!

サッシ屋さんからの質疑,寸法の確認やガラス仕様について.
大工さんからも屋根の先端のおさまりをどうするか?!,
電気屋さんからも分電盤の位置の変更の提案.点検口の追加
有無について,外構の照明が見積もってない...!とか,,
また仁科さんからは,屋根の板金納まりの提案やら,フロー
リングの発注云々と,雨あられの質疑を受けました.

現場に行くと,各職人さんからの質疑攻撃は現場チーム
が活気のある証拠です!

ある意味,自分の描いた図面が,「まだまだ甘い」という
意味も(反省).
「現場打合せをしなくても良い」「監理はいらない」
と言う人がいますが,断じてそれは「ない」です.

現場のコミュニケーションあっての建築では!?



[広告] VPS


(動画)「住宅地の中のコートハウス』の施工状況

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村
click please!! (1日1回クリックして頂けると嬉しいです。)

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2010/02/22 Mon 21:44 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
第2コーナーを曲がりました! 
「小川のながれる家」では,3日にわたる断熱材の
施工が終わりました!

上棟が第1コーナーとするならば,断熱材の施工は
第2コーナーになるのでは,,,

一つの大事な区切りです.

先週まで,強烈に!寒かった現場ですが,断熱材も
施工されて,玄関ドアもついて,変身しつつあります.
少しだけですが「いつ竣工するのかな」なんて
フィニッシュをイメージしながら...


発泡ウレタンの施工
(写真)「小川のながれる家(めだかはうす)』の発泡ウレタンの施工状況

断熱材の施工を終えて
(写真)「小川のながれる家(めだかはうす)』の発泡ウレタンの施工状況

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村
click please!! (1日1回クリックして頂けると嬉しいです。)

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2010/02/20 Sat 23:41 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
”汚れた宇宙人”登場 
昨日に続き,本日も現場はウレタン屋さんで貸し切りです.
僕のやるほとんどの現場が,この現場発泡ウレタンです.
MOCOフォームです.

ビジュアル的なイメージは多少良くありませんが...
水を媒体としているので,臭いがない事.壁の中をぴったり
とウレタンが詰まること(=気密性が高い)が特徴です.
その結果,エアコンやストーブに頼らないエコな生活が実現
します.

現場で作業する職人さんは,仕事柄汚れるのは宿命です.かなり
いいセンスのファッションです.覆面しながら(なのに),ネッ
トで(世界に?)流す事を(かなり)意識しているみたいです!
あだ名をつけるなら,”汚れた宇宙人”
とても,楽しい愉快な”汚れた宇宙人”なのです.

[広告] VPS

(動画)小川のながれる家(めだかの家)現場発泡ウレタンの施工状況


[広告] VPS

(動画)小川のながれる家(めだかの家)現場発泡ウレタンの施工状況

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村
click please!! (1日1回クリックして頂けると嬉しいです。)

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2010/02/19 Fri 15:16 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
防犯について 
今日は,今,設計中の「まわる家」の建築主のYさんと
お話.ついでに.テレビでオリンピックを見ながら...

(上村愛子残念でした)

みんな.クライアントの皆さん,僕のブログを隅から隅まで
見ていて,恥ずかしい限りです.

会話が,「無事に上棟してよかったですね」
「着工の目処がたったんですね」
そんな話から....

話は変わって
設計打ち合わせでは,防犯についてどうするか?
そんな,先日書いた「防犯」をどうするか?
についての話になりました.
セ○△ はいいのか?どうかなんて言う話に.
メーカー任せにするのは,あまりにも割高
のように思います.しかし,いいアイデアが
あるわけでもないし....

ちなみに...
被害に合う住宅は
1)駅から徒歩15分以内が7割
2)幹線道路に近い方が接近しやすく逃げやすい
3)侵入経路はバルコニーなどの足場と雨どいなど経路の存在
4)1階は道路からの見通しが悪い部分に集中
5)玄関からではなく,窓(掃き出し窓がほとんど)と勝手口から
6)窓を割って入るが7割
7)2階は道路と反対側のバルコニーに集中

以上,ケンプラッツからの要約 

天王台_0168
(写真)住宅地の中のコートハウス:上棟式2/13

天王台1000120
(写真)住宅地の中のコートハウス:上棟式2/13

天王台1000127
(写真)住宅地の中のコートハウス:上棟式2/13

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村
click please!! (1日1回クリックして頂けると嬉しいです。)

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2010/02/14 Sun 22:19 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
寒すぎる上棟....祝 
今日は朝から寒~い,一日.
「住宅地の中のコートハウス」は雨の中,雪の中!?
上棟を決行しました!

いろいろと,記憶を辿っても,いつも上棟は晴れだった
ような気がしています.

工務店の仁科さんからは,「もう棟上げ終わっちゃったから
式は早めにしましょうよ」と昼前に早々と電話が....
寒いだけに現場も気合いが入っていたようです.

午前の打合せを終えて,ただただ,駆けつけるのが精一杯でした.

式は,建築主のSさん一家,および兄弟の皆さんからの手製の
料理をいただき,大満足です.おでんも!手製肉まんも!,
グラタンも!煮物も!最高に美味しいです!

家も手作りだからこそ,式(料理)も手作りで!

いいコンセプトです!

[広告] VPS

(写真)「住宅地の中のコートハウス」上棟(屋根上から)

[広告] VPS

(写真)「住宅地の中のコートハウス」上棟(地上から)

天王台_0176
(写真)「住宅地の中のコートハウス」上棟式

天王台_0178
(写真)「住宅地の中のコートハウス」上棟式 懇親会?準備



建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2010/02/13 Sat 18:51 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
素人営業マンには注意した方がいいです 
建築よろず相談会に出席.

いろいろな相談を聞いていますと,共通しているのが,設計施工
一体の工務店に頼んだ事への,不信感からくる事があるように思
います.
言った事と実際が違う.見積書がずさん,営業的すぎる,変更が
実際は出来なかった.そんな事の積み重なりが,相談になってい
ます.

また,1つのキーワードのように感じたのが.営業担当者の態度
について.

営業担当者が技術担当(=設計や現場監督)も兼ねていればいい
のですが,そうでない場合が問題.建築について知っているよう
で知っていない(あえて素人営業マンと呼びますが...)
調子のいい事を言って安請け合いしてしまい,実際の工事現場では
そうなっていない.で「言った言わない」の話になっているように
思います.一般的にそのような人(素人営業マン)は,「家をつく
る」という行為に愛情がないので(ただし口では建築大好きですっ
て言うと思います)口先だけでまたは,お金だけで動きます.現場
がどうなったかなんて興味の対象にないのです.今まで会った,彼ら
に共通する事は「○○棟担当した」と数を誇る傾向があるような?

素人営業マンには注意した方がいいですよ,と言いたいのですが.
名刺に素人ですとか,建築には興味ないですとか書いてある訳で
はないので....うさん臭い臭いを自己責任で嗅ぎ分けるしか
ないように思います.

難しいですね.この問題は


名建築
(写真)業界では2009年を代表する建築の1つと言われるが.築1年でこんな!..SUMIKAプロジェクト(宇都宮)

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村
click please!! (1日1回クリックして頂けると嬉しいです。)

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2010/02/12 Fri 23:52 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
| HOME | NEXT
ブログランキング・にほんブログ村へ