FC2ブログ
2009/01 << 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28.>> 2009/03
地鎮祭で思う事,その2 
今週は,おめでたい事に2つの地鎮祭を行う事が出来ました.

今日は大安で土曜日!地鎮祭日和です.
「展望ミニバルコニーのある家」の地鎮祭を行ないました.

設計者としてやっと,地鎮祭にこぎ着けれた!!という「一区切りがついた責任」の強い思いと,「さあ,これから工事だ!」という次への意思とが交錯するのが地鎮祭です.

そのような思いで地鎮祭に参加するのですが,コケルのが神主さんの「建築家不在」で進めて行く式次第です.(2月25日のブログに書いたのですが),本当は「ちょっと待った!」「家は建築主と設計者と施工者の3者がいて成立するんだから,設計者を忘れてもらっては困る!やり直してください!」と言う勇気もなく悶々とした気持ちで終わるのですが.

今日の神主さんは,ちゃんと設計士の存在を解っていただいている考えの方でして設計者が鎌(カマ)を,建築主が鍬(クワ)を,施工者が鋤(スキ)の順で盛砂を「エイ,エイ,エイ!」と三度声を発し作業する仕草を行います.敷地に生えている草を刈る事を意味する鎌入れの儀.それが設計という意味と解釈していますが....

まあともかく,「やっと」という気持ちは僕たちだけではなく,クライアントのNさんにもあります.もう最初の話があってからはや1年くらい....敷地が変わりましたし....旧敷地の近所の反対する人と「話せば解る」と信じて話し合いにも行きましたし.役所にも何度も掛け合いに行きました.でも法律の壁やら,いろいろと障害がありました.

でも頑張ります!家の実現のために!その信念が共に動機となって一歩一歩牛歩のように前進しているように思います.

地鎮祭N邸

DSC05909.jpg

(写真)展望ミニバルコニーのある家の地鎮祭風景

建築家.米村和夫の建築 Site


スポンサーサイト



【2009/02/28 Sat 23:27 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
テレビ取材がありました 
雪が降る中ですが....

「STYLEBOOK 空間日誌(BS朝日)」という番組の取材が「土手の見える家」でありました.
見学に行く予定が,急遽予定が入り僕はドタキャンしてしまいました.
誠に申し訳ありません.
と言っても僕が映る訳ではないのですが.
(スタッフが見学しました)

前編 3/ 7(土) 23:30~24:00
後編 3/14(土) 23:30~24:00

STYLEBOOK (BS朝日)
放映予定です.

「空間日誌」は,12月竣工した,tf-s house(自転車のりパパの家)も撮影体制に入っていたのですが,なんとっ!番組が3月で打ち切り!とのこと..どこまでも不況の風は吹き込んできます.寒すぎです.




建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2009/02/27 Fri 23:56 】 | 日々のこと | comment(1) | trackback(0) |
地鎮祭で思う事 
朝一番で工務店さんから電話がありました.
「今日,こちらは雨ですが地鎮祭やりますか?」
事務所から現地まで2時間はかかる長旅の現場ですがもちろん“実行”です.
まだネーミングは決まっていませんが事務所では「くちばしハウス」と親しまれているプロジェクトです.

昨日から,天気が悪かった事.確認申請が降りない段階での地鎮祭.まだまだ着工まで解決しないといけないハードルがあること.そして駅からかなり遠い事...

僕も気分が晴れない事も事実ですが....でも!おめでたい儀式にマイナス思考は禁物!

現地につくとなんと雨もやみました.泥沼状態をイメージした敷地もなんとかOK.(でもみんな長靴です)クライアント自ら笹を採ってきたそうです.野菜の買い出しに農協の直売所にも同行.なかなかいい直売所です!

めでたく地鎮祭が終わりました.

思った事
設計者の名前が呼ばれない地鎮祭って時々あるのですが(今日も)
地鎮祭を取り仕切る神主さんの家づくりの概念には,建築主がいて,施工者がいて.....設計者は不在なんですね!なんとか改善しなければ!
家づくりには「設計者も必要なんです!」と


神主さん
(写真)神主さん.
雨降ったら....想像もしたくない場所で.....

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2009/02/25 Wed 21:46 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
夢の音楽室の完成!ドラムの演奏を体感 
音楽室が完成しました!!「土手の見える家」の竣工後の訪問です.

防音,遮音とはいいますが一体どこまで音を遮音出来るか?
設計って本当に難しいものです.


昔,音楽室を設計した事がありますが,どうしても音が理想的に“遮音”できなくて悩んだ事がありました.設計(机の上の理論)通りにはいかないもので....

今回は,“生ドラムを演奏したい”“家をつくるんだったら絶対にスタジオがある家”“ミキサーを置きたい”という元ミュージシャンのクライアントの願望に対して,鉄筋コンクリート造の設計仕様で対応するのが一般的な所を木造+コンクリートブロックで設計しました.理由は「コスト」!...永遠の課題です.

ピアノはともかくドラムの重低音を防音する事は難しく重量のある(密度の高い)素材としてコンクリートブロックを採用しました.(過去ブログ参照)

さて,引っ越しも終わりどうなったかと言いますと.(夕方は)もうこの家はお子さんたちのたまり場となりカラオケスタジオと化すそうです.ピアノあり,エレクトーンあり,ベースギターあり,ウクレレあり...かなり立派なスタジオになっています!みんなのたまり場にもなっているようです.

昔の夢をマイホームに実現する!

こんなこだわりの実現へのお手伝いが出来た事に嬉しく思います.


090224_110741.jpg



(写真)生ドラムは断念したものの電子ドラムを購入したクライアントはガンガンに演奏を楽しんでいます.

アドバイスfrom大島功市建築研究所


ono_2526.jpg
(写真)門扉も施工(ほぼ)完了です.


建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2009/02/24 Tue 01:21 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
杉浦さんと大島さんと頑張りましょう会 
先日,建築家仲間の杉浦さんと大島さんと会合を持ちました.
その日は現場打合せ(延長)と税理士打合せ(延長)とどれも大事な予定がドタバタになってしまい大幅に遅刻してしまいました.どうもすいません.

大島さんは近所に現場があり先日事務所の訪問をしていただいたばかりです.話がエンドレスになりそうです....今度のオープンハウスが楽しみです.是非コンクリートのうんちくを伝授お願いします.

最近の近況を話しながら,確認申請は役所はダメとか,建築コンサル業の是非の話とか,某有名建築家のブラック情報とかスタッフの仕事へのスタンスについてとか....杉浦さんの新婚の話とか,西武ドームに一緒に行こうとか,話がつきません.でも最終的にはどうやって「いい建築をつくるか?」という話であり,「自分たちの建築家としてのスタンス」についてです.

「建築家の仕事は,建築主あっての仕事であり,施工者あっての建築空間の実現であること」

当たり前の事ですが以外と当たり前になっていない建築家(スタッフを含め)の仕事や生き方へのスタンスについて語り合う貴重な時間です.

楽しい前向きな会話は明日のエネルギーになります.

杉浦さん
大島さん
断面
(写真)まわる家プロジェクト

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2009/02/20 Fri 02:10 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
見積もり金額から300万円のダウン 
展望バルコニーのある家(仮ネーミング検討中です)の建築主と工務店と設計者の3者の顔合わせを行ないました.

ここで初めて,建築主と施工会社が顔合わせをすることになります.

一般に,工務店を決める場合,相見積もりを取る方法と,施工会社を1社に決めて設計をする方法.そして基本設計段階で数社に相見積もりを出して金額を確認して行く方法などいろいろあります.それぞれケースバイケースで使い分けています.

今回は当初より1社に絞っています.理由はお互いに勝手が分かっている事と建築事務所(私への)アレルギーがないこと.変な駆け引きをしなくても最初から本音で話ができることです.

大筋で金額は合意です.見積もり金額から300万円のダウンにやっとのことでこぎ着けました.お互いに勝手が解っていても金額はオーバーするもの.理由は,建築主のこだわりもありますし,設計側も過去と同じ仕様にしたくない,新しい試みをしたいという事もあります.

ある程度の目標金額にコストを下げる確信はありますが,実際にコストダウンの話を詰めて行くには3者の強い気持ちが必要です.その“間合い”と言うのでしょうか,“相性”というべきか,“縁”と言うべきかとても重要と思います.誰かが自己中になってしまっては合意にいたらなくなります.かりに力づくで合意してもハッピーエンドの竣工にはならなくなります.

今回は,とても友好的な中で顔合わせが出来てホッとしています.建築主の代理人である建築家としてこれから一生関わって行く人と人を結びつけるのですから責任は重大です.

足場05814
(写真)光の降りそそぐライトコートのある家(敷地18坪ハウス)現場

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2009/02/19 Thu 01:59 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
現場で大工さんが作図,熱~い会話がなくては! 
最近久しぶりに心が高ぶる現場体験をしました.

現場監督と定例の打合せを一通り終わった頃です.
帰ろうとしたら,大工さんが「ちょっといいですか?」
と質問が....

一カ所の納まりについてですが,実は複雑で簡単ではない事が次々と判明.それから意見交換をしました.そいして突如,大工さんが現場にあるベニア板に原寸で作図を始めました.
「話してても解らないよ.原寸にしよう」と.....
ベニア板の上でどんどんと作図が始まります.

“感動!”

おかげで,次の約束を1時間半延ばしてもらいました.
思い返せば新入社員の頃,「現場では製図道具なんてないんだからな(=机の上でしか表現出来ないようではダメ)」と先輩に言われたもので,今のスタッフはパソコンでしか図面がかけないので,このような現場での打合せは苦手になって行くのではないでしょうか?

最近終わった現場では,熱い会話が一切なく竣工してしまいました.不完全燃焼気味だっただけに嬉しくなりました.大工さんの原寸の図面と会話は,野球で例えれば豪速球です!正直解らないこともあります.しかしそこを真っ正面から「どうしようか?」と向かう所で新しい相互理解が生まれるのではないでしょうか?

ただし,次の予定は大幅な遅刻に....

大工05818
(写真)光の降りそそぐライトコートのある家(敷地18坪ハウス)現場内でベニア板の上で作図するちょっとファンキーな大工さん.

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2009/02/18 Wed 23:43 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
“監修プロジェクト”とは,そして“忙しい”の定義 
某民間機関の完了検査を受けました.「アマゾンチェリーの家」です.
これは監修プロジェクトで正確に言いますと,作品という位置付けではなく秀作です.正式な設計監理契約を結ばないで,基本は監理はしないで設計図の枚数も予算に応じて最小限度にする方法です.このアマゾンチェリーの家も総予算が1000万円台の前半.限りなくローコストです.
監修プロジェクトの結果ははっきり明暗がわかれます.「設計者と施工会社の両者が信じ合えるか」これが生命線で,少しでも疑問がある場合はやらない方が建築主のためになります.

なので本日の完了検査も私たちは監理者ではないので検査の立ち合いでもなくただの通りすがりの人としての参加になります.でも話にはしっかり参加してたり...検査員の話によりますと,この某民間機関は今年に入って9名の解雇があったとか!
不況による着工件数も激減(=確認申請数の減)が理由との事.
一時期は支店も増やしてた某社でしたが....
本当に,最近はそのような話ばかりです!

それを思うと私のプロジェクトで年末に大騒ぎだった,都内某区役所の確認申請に「忙しい」との理由から2ヶ月半かかってしまったのですが,実際はどうだったのでしょう!?と脳裏をよぎります.

話は脱線しますが,“忙しい”とは言うものの,夕方一斉に帰宅するのは“忙しい”の定義に入るのでしょうか?....そんな事を思います.
役所は夕方に相談や提出に行くと思いっきり冷たい視線が来ます.金曜日の午後4時くらいに行こうものなら最悪です.なぜか多くの目線を受けます.あきらかに“帰るモード”に入っているのです!(ちなみに設計事務所はその後も戻りひたすら仕事ですが)

私の事務所でも,過去に(自分の定めた)定時に帰ろうとするスタッフがいましたが,本当に微妙です.僕の価値観では創作の仕事で定時に帰る,途中でも帰るという行為は理解できません.最初は承諾しましたが,事務所の雰囲気が悪くなってしまうこと,結局最後までやり通す意思がないのであり任せようとした行為自体が自己嫌悪に陥ります.少なくとも僕は集中した状態(ある意味忙しいという状態)が継続するプロセスの中でアイデアや解決策が生まれます.なので定時で終わるという概念はないです.

アマゾンチェリー05807
(写真)完成したアマゾンチェリーの家.外壁の一部にアマゾンチェリーを採用.玄関ドアも同材で.

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2009/02/17 Tue 01:32 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
アマゾンチェリーの家が完成 
最近アマゾンチェリーにはまっています.

アマゾンチェリー:デッキ材 物性比較
アマゾンチェリー:協和木材産業

今動いている「光の降りそそぐライトコートのある家(敷地18坪ハウス)」も「展望バルコニーのある家」も採用しています.

恐るべき!堅さで釘うちは不可能.ウリンに似た質感です.かなりのローコストプロジェクトでも減額にめげずに踏みとどまっています.あえて言えば塗装仕様を無塗装で仕上げてしまうことでの減額はしています.無塗装でも耐久性はOKとの報告もあります.

アマゾンチェリー05809
(写真)アマゾンチェリーの家

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2009/02/16 Mon 01:48 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
結婚詐欺:43歳の元力士逮捕 1級建築士と偽り詐取 
1級建築士って.....セレブ?リムジン?家賃40万?

なんか,恥ずかしくなってしまうニュースがワイドショーをにぎわせました.
元関取が1級建築士を名乗り結婚詐欺をしていたのですが
矛盾ばかりで,「なんで演ずる側も,だまされる側も気付かないの?」
と思ってしまいます.

まず.なんで相撲取りが1級建築士を所得できるか?という疑問
なんで,「建築家」を名乗らず「1級建築士」を名乗るのか?という疑問
なんで,「ベンツのリムジン」なのか?という疑問
しかも,「運転手付き」  そんな43歳の1級建築士いません!
「ホテルの改修工事を請け負う資金が足りない。金を貸して」と言ってお金をだまし取っていたらしいのですが,建築士は工務店と違い,工事請け負いをしません.なので発言自体がおかしいのです!

相撲取りの無知さもあきれますが....
しかし,建築家(1級建築士)って,そういうセレブイメージなのでしょうか?
「ないと思います!」


結婚詐欺:43歳の元力士逮捕 1級建築士と偽り詐取毎日jp(毎日新聞)
セレブ演出「結婚しよう」 元力士を詐欺容疑で逮捕イザ
家賃40万、リムジンでデート 結婚詐欺容疑の元力士産経ニュース

152852_c185.jpg

(写真)力士から“結婚詐欺師”へと変貌(へんぼう)したとされる秋本久雄容疑者 fromイザ

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2009/02/14 Sat 02:35 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
| HOME | NEXT
ブログランキング・にほんブログ村へ