FC2ブログ
2008/11 << 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>> 2009/01
みなさんありがとうございます. 
昨日はfo-n houseの打合せ

雑談をしながら,ブログの話になります.
「Mr.レッドシダー君 面白いですね!」「怒ってますねー」
「やっと○×house 着工しましたね」
「ほんと役所ってダメですよねー」

 とかいろいろ突っ込まれます.....

いろんな所で,ブログの話が出て,お恥ずかしい限りです.
困るのは「最近更新されてませんね」という突っ込みです.

頑張って,まとめ書きになりますが更新してます!

なんで,(例)an-hosue なんですか?とネーミングについての
話がありました.

「結構なマニアな方がいまして,個人情報ですし.
 迷惑かかるといけないので固有名詞はしばらくは使
 わない様にしているんです」

結構気も使ってます.


(写真)at-o house ロフト

建築家.米村和夫の建築 Site

スポンサーサイト



テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2008/12/30 Tue 12:44 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
目標は年内に投函 
年末慌ただしくなっていますが,
年賀状がまだ書けていない現実....
目標は年内に投函です!

皆さん申し訳ありません.


(写真)tf-s house キッチン(制作)
aaa01850.jpg
(写真)tf-s house リビング

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2008/12/29 Mon 03:27 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
建築主は工務店を指定してはいけない 
建築主やその親戚筋が仕切って工務店を指定するスタイルは閉口です.
今までの経験上,まず,(絶対)うまくいきません
後味の悪さしか残りません.

同じ,家をつくろうとする同志であるはずなのですが,それが
噛み合ないのです.しかし「どう噛み合ないのかは建築主は知らない
し,知らない方が幸せ」である

建築の世界は,考え方の差が雲泥の差があります.
それは,工務店,建設会社だけでなく,設計だって同じで
いろいろな考え方やスタイルがあります.

僕のスタイルは,「縁あって一緒に仕事をするのだから,楽しく
より前向きに,より意見交換をして....」と思うのですが,
だいたい拒否されます.

一般に,建築家とコミュニケーションは取りたがらないのが工務店
さんに流れている血なのです.概念として「えばる,生意気,上から
目線,口だけ,現場の事考えない.いちいち面倒くさい」
あくまでも一般論であり,そうでない工務店も数多くあります.

コミュニケーションの無さからくる現場での現実(=施工のひどさ等)を
建築主にどこまで報告するのかは悩む所です.自分(設計者)が選んでい
る工務店ならは,監理責任として問題点を改善する事は当然として行なう.
が....問題はそうではない.

施工者は「俺は建築主の知り合いで設計者より親しい」という
意識がありありで現場に望みます.なのでいちいち連絡をする
こともないし,勝手に進めてしまうし,手も抜いてしまいます.
施工者は毎日現場に来るが,設計者は毎日現場には行かない.
その「差」をネガティブに建築主にアピールすれば,設計者は
孤立してしまう.何かあると「設計ミス」などと中傷する.
現場の大工などは建築家と仕事などしたこともないわけだから
言いたい放題悪口を言う.

「設計者なんかといちいち話してられるか」が本音なのです.

こんな環境でいい建築ができるはずがない.

仕事は,楽しく,前向きに,そしてクリエイティブにと.
僕のモットーです.


(写真)at-o house ロフト

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2008/12/28 Sun 04:01 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
どうしようもない業界です 
某プロジェクトで
3社に見積りをお願いしました.

その結果に1社からクレームがつきました.
ありえない.....

「うちが担当するという話ができていた」
「あい見積もりとは知らなかった.もっと安くなる」
と主張

結果に難癖つけているだけ
質疑も何もなく,提出期限は1週間以上遅れるし,値段はまともに高いし

一体,誰を見て会話をしているのだろう.
いろいろなしがらみがあるのだが,,,,

クライアントを見ていない会話に言葉が出ません.

家は誰のためのもの....!?



(写真)tf-s house 吹抜けのワイヤー照明

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2008/12/27 Sat 03:58 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
1級建築士の合格発表 
1級建築士の合格発表がありました.
廻りからは,吉報はきかれません...(悲)

合格率は8.1%とのこと.
相変わらず「難しい」傾向がつづきます.
 
面白い発表がありました.

(from ケンプラッツ)
「出身大学別では日本大学が合格者数262人で1位.2位は東京理科大学で147人.3位の早稲田大学は124人,07年の89人から35人増.合格者が30人以上の大学は07年から9大学増え,34大学.」

人数が違うと言えばそれまでですが,母校(日大)が1位とはうれしい話



(写真)tf-s house

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2008/12/26 Fri 03:32 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
建築家仲間と 
久しぶりの大島功市さんと話をしました.

確認申請の話から始まり,杉浦さんのおめでたい話から
いろいろと近況を話しながら楽しかったです.
パスポートが期限切れになってインドに
行けなかった話....残念でしたね.

いろいろとモヤモヤしていることも価値観を共有している
仲間と話をしているとスッキリするものです.

お互いに頑張りましょう!

いいいい
(写真)uo-k house改修 Project

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2008/12/25 Thu 04:13 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
建築家が設計すると必要以上のものを設計することもあるじゃないですか 
「監理」が必要ということをライフワークのように伝えているのですが

理解しずらいのが「監理」です.

建築設計は所詮,机の上でのことであり,現場での
調整があって初めて両輪となり成立するものです.
それは,デザイン面でも重要なことですが,性能面でも
大きな「差」となって現れてきます.差はストレートに
コストと快適さに響いてきます.
それを黙って見て見ぬふりはできないもの.

世間一般には「監理」の必要性を知っている人たちが
設計事務所への依頼をすることが多いのですが,その
社会的な意味,現実的に,自己防衛的にも,いかに重要かをより広く伝えて
いくのも私たちの役割の一つと考えています.


先日,「監理は必要ないので基本設計だけを
お願いします」という話がありました.その理由は
「建築家が設計すると必要以上のものを設計することも
あるじゃないですか」という解釈の仕方.

確かに,「必要以上の事」をするのかもしれませんが
直接言われたのは衝撃的でした.大きな誤解がある
ようで,その誤解は解かないと一日が終わらないように思えました.

建築家って必要以上の事を強要してしまうと思われているんだな
あと........


「必要以上かどうか」僕は単にコミュニケーションの問題ではないか
と思うのですが.僕たちが「必要」と思っていても建築主が「必要でない」
「勝手にデザインや仕様を押し付けられた」と思ってしまわれるとしたら
悲劇です.


たしかに,スタッフ時代に職場では「牛丼でいいと言っている
人にステーキを用意するんじゃない」というセリフがよく使わ
れていました.

そのような上から目線でなく,「あの建築家の選択は
間違っていなかった」と言われる存在でありたいものです.



(写真)at-o house 外壁工事です.最近宇部ボードを良く検討します.ローコストだけどサイディングっぽさがなくてシャープさがギリギリあります.

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2008/12/24 Wed 02:29 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
基礎工事開始 
やっと....

工事が始まりました(仮称)an-m house!!
(最近,個人情報保護のために固有名詞を出さないように
しています.最近僕の知人の事務所でもある事件が起こり
まして....個人情報が漏れるって本当に怖い事です!)

確認申請期間は2ヶ月半です.今までの新記録達成です.
審査に,みっちりと2ヶ月半かけているなら納得しますが
そうでないだけに納得できません.

さて....そんな事をいつまでも言うより
目線を上げないといけません.

良い空間をつくるために!
良い作品をつくるために!




(写真)an-m house基礎工事開始です

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2008/12/23 Tue 01:03 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
華やかに見えて,中身が薄い作品が多い傾向 
中央工学校の授業も今年最後となりました.

図面の提出がありました.

最近の傾向と言いますか,今の学年の特徴でもありますがCGで構想を練ります.今までの学年にない新しい発想方法です.それは良いのですが,落とし穴があります.

"パソコンでエスキースをすることに満足してしまっている事”です.

今まで,手で紙に描き,模型をつくりながら試行錯誤をしながら,「より良くしよう」「より魅力ある空間をつくろう」と,”創っては壊す”という創作の基本があったのですが,その基本を見失っています.

なので,提出する図面こそ見栄えがするのですが....
実は最初のコンセプトがなくなってしまっている図面.
「華やかに見えて,中身が薄い作品」が多くなってしまっている寂しい状況.

「建築ってそういうもんじゃないよ」と....
それを伝えれない自分が悔しいですが.



(写真)鈴木穣(ゆたか)君の作品
    真似が多い中で,自分の感性を求めている姿勢は評価します.

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2008/12/22 Mon 11:17 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
動かない役所での書類 
an-m house というプロジェクトの確認申請がもう2ヶ月半かかっています.
某区役所(都内)の事ですが,もうあきれてものが言えません,

すぐ隣の消防署に書類がまわるのに,1週間に2回とか3回しか書類の
行き来がないとか...

よく「持ち回り」という方法をとります.役所での書類の移動は時間が
かかりすぎるために,設計者が自ら持ち回る方法です(変な話ですが).

それすら,この某役所は拒否です.

金曜日に役所に電話をしました.「どうなってますか」

役「消防署から戻ってきて,今課長の机の上にありますね」

米「だったら,もうOKですね.今から取りに行ってもいいでしょうか?」

役「課長は今,会議中ですから,待ってください」

米(心の中で)「金曜日の午後4時で会議中はないだろ」

役「来週に一度連絡してもらえますか?」

米「その時間がないから電話をしているんです.課長の打合せとはいつ
  終わるんですか?」

役「わかりません」

米「今週中に許可が欲しいので,,,,なんとかしてください」

役「来週です」

推測でしか言えませんが,今まで,この某区役所,構造も設備も大事なポイントで
かならず担当者が休暇をとって書類が回らないのですが,,,,

今止めている業務を”普通に”動かしてもらうだけで
どれだけ多くの人が助かる事かと....



(写真)at-o house

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2008/12/20 Sat 17:53 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
| HOME | NEXT
ブログランキング・にほんブログ村へ