FC2ブログ
2006/11 << 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>> 2007/01
除夜の鐘を聞きながら:名古屋編 
実家で大晦日を迎えています.

 実家にいますから,生活スタイルも変わります.紅白歌合戦も見ました.何年ぶりかわかりません!よく考えたら除夜の鐘の音を長男は聞いた事がない事に気付く.長男と一緒に近くの八幡宮という神社に初詣にいく.僕も除夜の鐘の音を聞きながらの初詣は初体験だった.
 たき火が燃され,すごい勢いで真っ暗や夜空に火柱が上がっている.升酒が振る舞われる.桧(ひのき)でつくったマスは,いい香りがして,地元の国盛(半田市の酒:ソニーの盛田さんの実家)と相性が抜群にいい.一杯の升酒ですがとても何か荘厳な雰囲気で,火柱を見ながら長男と一緒にしばらく見入る.因に長男はみかん!

 生活スタイルを見直すこと,良い事は取り入れる.文化の再認識は今年の僕のテーマかな?




(写真)日進市梅森の八幡宮で,am12:30
建築家.米村和夫の建築 Site
スポンサーサイト



テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/12/31 Sun 23:55 】 | 休日のこと | comment(0) | trackback(0) |
高校時代を振り返り:名古屋編 
初めてのケースですが,長男と男二人で実家の名古屋(実は隣の日進市)に来ています.

 愛知万博などの大規模開発が進み,僕が遊んでいた野原も山もみんな,ものの見事に無くなり住宅地に変わっています.僕が卒業した天白高校という学校に20数年ぶりに行ってみようと思い車を借りて行ったが道に迷う.昔は禿げ山の頂上にあった誰もが解る高校が今は見つけれない存在になっています.違う意味で20年以上足が向かなかったのですが.

つづく



(写真)24年ぶりの高校


建築家.米村和夫の建築 Site

≪ 続きを読む ≫

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/12/30 Sat 23:50 】 | 休日のこと | comment(2) | trackback(0) |
今年も終わりのようで! 
いろいろな事があった一年です.ほとんどの事が継続中であまり振り返る気持ちが起きないのが本音ですが,良い事も,悪い事も,面白くない事も一杯でした.

でも前向きに考えきっと来年は“もっと良い事が起きる一年”でありたいと思います.
明日が仕事納めなのでまだ明日更新するかもしれませんが,



(写真)今年3月竣工の我孫子の家

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/12/28 Thu 15:06 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
正月休みが勝負かな... 
今日もいろんな事やら雑用やらをしながら終日を過ごしました.
「和光市のK邸」の設計は,佳境を迎えているのですが,どうやら正月休みにどこまで進めるかが勝負所のような感じです.
かなりいい感じの建築ができそうと....自分では思っているのですが.

131.jpg

(写真)和光市K邸模型写真

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/12/27 Wed 19:12 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
年賀状完成? 思い出話を 
年賀状を書き終わりやっと一息か...
今年の2月にパソコンの HDのクラッシュ事件があった関係で,年賀状のデーターベースも一緒に壊れてしまいました.古いデーターはバックアップがとれていたものの最近(この数年)の最もおつき合いの密度が高い人たちのデーターがなく何人か(もしかしたらかなり多くの人)に失礼をしているような嫌な予感があります.申し訳ありません.



(写真)古い(?)写真から熱海の3連作の第1作目となった,「自然郷の家」

この家は,僕にとっても初めての崖地の住宅.崖地!戸惑いがある中で試行錯誤で設計をしました.当時構造設計をお願いした構造設計士も「どうしたらいいかわからない」なんて言う発言がでたりして,今では全く動揺することもなく対応できますし,反対に「崖地に強い設計士」と認識されて相談がくることもあります.崖地の設計は平地の設計と違い,常に立体的に考えることばかりでかなりストレスもありますが,出来た時の達成感は格別です.

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/12/26 Tue 18:33 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
年賀状が間に合わないような... 
年末になりました.昨晩は,年賀状のデーターを入力して夜を明かしてしましました.昨年の年賀状を見ながら,1年おくれで,○○さんは引っ越ししたんだ.とか送った年賀状が返ってきてしまったりしたのを寂しく感じたりと物思いにふけっています.
目標は年内に年賀状を出す事になりそうです.



(写真)三鷹の家

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/12/25 Mon 20:03 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
健康について 
今日は,午前中いろいろ雑用をこなしながら,医者に行き体重が順調に下がっている事も報告.なんとこの1ヶ月半で約4キロ体重を下げることができた.
心臓の肥大化症状があり,今話題のメタボリックシンドローム症候群を言い渡されて,精密検査を受けた.決定的に悪くはないらしいが,心臓の弁が一部逆流していてその為に心臓が肥大しつつあるとの事だった.解決策は体調管理しかないらしい.そして首の頸肩腕症候群(けいけんわんしょうこうぐん)もレントゲンによって判明.(ついでにCTスキャンも受けました)いわゆる過労性疾患とのこと.異常な肩こりと頭痛とはきけに悩まされて来た.これは自覚症状が十分にあったのだがこれで,体調不良の原因が全て浮き彫りになって来た.
カロリーを意識した食事にしていることと,軽い運動をするようになった事が大きな生活の変化である.今まで,興味がなかった自分自身の健康ですが,やっと気になるようになってきました.
建築とは全然関係のない,個人的な話.



(写真)上棟した三鷹の家

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/12/22 Fri 15:58 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
事件に巻きこまれそうになる 
ある事件に巻き込まれそうになった.もしかしたら,事件のスタートなのかもしれない.

前に,ある住宅を担当しました.施主はガーデニングが大好きで,家が完成したら,緑と花一杯の庭をつくろうと夢をみていました.しかし実際は予算の都合で我慢し時間がたったこの冬(のボーナスで),晴れて藤棚をつくろうと旧知の大工に発注したそうです.そしたらとなりの家に住む”I”と名乗る行政書士が,違法建築物をつくっていると役所に通報したのです.役所のパトロールがやってきて,対応にでたお婆さんは,よくわからないまま狼狽,あやまり,大工さんに工事の中止を申し出て工事は終わったそうです.そして....内容証明郵便が送られてきました!

「あなたのやっている行為は違法であり,警察に通報すれば現行犯逮捕される立派な犯罪行為である.今後もそのような行為をするのであれば,施主,施工者,設計者共々,損害賠償請求を行う」という通告文だった.

あまりにも,ひどい話である.まず私は藤棚(パーゴラ)をつくる構想は知っていたが,いつ行うかもしらないでいたし,図面も描いていない.よって早速その“I"氏に電話をする.「あなたは,どこまで知って一方的にそのような書類を作成しているのですか?.少なくとも私どもは,今回の件を知りません,業務ではないのです.それを犯罪者呼ばわりされて心外です.謝罪して欲しい.あなたの行政書士事務所兼住宅だって明らかに増築された建ぺい率違反の建物じゃないのですか?」と...思うままに言った.
”I”は,あやまったものの,納得がいかない.はたして売られたものを買うべきなのか...



(写真)「ニューハウス2月号(最新号)」P132~135に記載されています.

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/12/21 Thu 17:29 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(1) |
大工さんのスタイルについて 
本日は,三鷹の家の上棟式がありました.
僕は学校があって出席できなかったのが残念ですが,工事をしてもらっているのは,旧知の和光建設さんで,棟梁は木梨さん.全く不安要因がないので安心です.
いろんな建築現場を仕事としてみますが,大工さんの位置づけ(?)はいろいろあります.何故スタイルが違うのかなあと思う.今回の木梨棟梁は,朝霞台の家も担当してもらっているが,デザイン建築から六本木ヒルズのG-証券の内装などなど百戦錬磨の現場体験をもつだけに,いろいろなアイデアをストレートに提案していただける.最新技術にも詳しいし,打ち合せにも参加するので僕たちからするとやりやすい.このスタイルは,西熱海の陶芸工房のある家を担当した,小川工務店のも望月棟梁も似ている,どんな事も「やろう」という意思に満ちあふれている.でも昔ながらの棟梁もいる.“寡黙さ”を絵に描いた様に,ひたすら仕事をする.打ち合せをしていても参加しない.”決まった結果だけを自分はやるんだ”というスタンスなのだろうが,どうしても盛り上がりに欠ける.一番困ったのは「出来ない」を連発する棟梁だ.「どうやったらいいんだ」と言ってくる.ちょっとネガティブすぎて閉口だ.
設計者の立場と工務店の立場と現場(棟梁)の立場での意見交換がないのは創造性に欠けるのが残念だ.いい組み合わせの現場がいつもあるわけがない.




(写真)三鷹の家の上棟12/20

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/12/20 Wed 23:34 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
区役所で事前調査 
さて,あっと言う間に年末が近づいてきました.
最近いろんな事がありすぎて,なかなかブログに入れません.
年賀状も書かないと...
今日はそんな慌ただしい中,練馬区役所に某プロジェクトの事前調査に行ってきました.メインは風致地区エリアの対策(?)です.と同時にいろいろなヒアリングを行ってきました.本来練馬区の風致地区は,隣地境界線から有効で1.5m離さないといけないのですが,そうしたら家が建たなくなってしまう.そんな条件をどうやったら家が出来るか?を探るための調査なのです.
また,もう一つ近くのエリアに候補となる敷地があるのですが,それは「ゴミ屋敷!」なのです.ちょっとリアル“ゴミ屋敷”を目の前にすると考え込んでしまいますが,でもそういう場所も見方を変えれば福があるのではないかな?!なんていう事を考えながら...区役所調査を終わる.



(写真)宮城・小牛田の家

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/12/18 Mon 02:43 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
| HOME | NEXT
ブログランキング・にほんブログ村へ