FC2ブログ
2006/03 << 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.>> 2006/05
息抜きをしないと...羊山公園に芝桜を見に行く 
やる事が山積みだ.そうなると睡眠不足になるし,いろいろと悪循環に陥ってしまう.
今日中にここまでやろう!とリストアップし目標設定するのがいつものパターン.しかし雑用やらでこなす事ができない.どうしてもイライラしてしまう.ストレスとどう共存するかは設計者にとって宿命の関わりなのだ.
僕がかつて,お世話になった,故伊藤喜三郎先生曰く,「胃潰瘍と痔にならないと一人前ではない」との事.僕は胃は胃カメラやバリウムは数えきれないほど飲みましたが,まだ痔のお世話になっておらずまだ一人前ではないようです.反省!
当時スタッフ時代は,残業がピーク時で月に200時間を超えていた.確か年間平均160時間だった.残業が200時間として25日働いたら,1日平均8時間の残業になる訳で....当時は一般人の2倍の労働じゃないか,,,なんて愚痴をこぼした事もあったが,今では独立した立場,何時間働くかなんて全く計算する意味もない.

今日は日曜日,本当は打ち合せの予定が入っていたのですが,工務店の社長の都合でキャンセル.仕事を休んで家族で秩父の羊山公園に芝桜を見に行って来た.家族は満開の芝桜を前にスケッチを楽しみ,僕は森林浴をしながらただただ睡眠を楽しむ.でもいろいろ気になる事があって夜に事務所に.




(写真)秩父の羊山公園

建築家.米村和夫の建築 Site

スポンサーサイト



テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/04/30 Sun 23:55 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
一見,昔ながらの発想が実は新しかったりする. 
(写真)子供が通う小学校での試みで“移動式ニワトリ小屋”.床がなくニワトリは地面の草を食べて,糞をするので栄養を地面に対して与える.適度に場所を移動して行くと,除草+栄養を同時に対応する事ができるのである.なるほどと思った.環境問題は建築設計分野でももっと関わっていかないといけないことだ.環境についての講義を聴いたので紹介.ドイツのフランクフルトの空港の暖房の熱源は,廃材の木材を利用しているとの事,たき火という熱源は今では“昔ながらの”ではなく”新しい”発想なのだそうだ.



建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/04/29 Sat 23:38 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
公共の仕事をして・・・・・ 
公共の仕事をしていて.....
何故だかわからないが,昨年全く音沙汰の無かった私たちの地元である和光市の仕事がいくつか同時に担当することになった.今担当している仕事は,夏休み期間を使って工事をするための営繕的な内容のものなので,デザイン性が求められるわけでもない.5月いっぱいで業務が終了して6月に工事の入札に掛けるためのものでスピードが要求される.なにより僕たちにプロジェクトを選択する権利は無い.金額が1円でも安く入札した設計事務所が受注するのである.設計事務所ははたしてそのような尺度で決まってよいものなのだろうか?....と思いつつ....
P060428_1102.jpg

(写真)何年か前に,中学校の内装を担当した.各フロアによってカラーリングが違う.

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/04/28 Fri 00:22 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
建物の引き渡し....我孫子の家の引き渡しを終える 
長い,長い時間がかかった,我孫子の現場.いろいろあったが,ほっとする瞬間だ.
無事に引き渡しの業務が終わった.

建物は,工事が始まると,工務店の管理下におかれる.そこでの電気代も,火災などの事故も工務店の責任に置かれている.工務店によっては,最終の工事代金の入金を確認するまで鍵を渡さないスタイルの工務店もある.土地の所有権は,建築主にあるのに建物は引き渡しが行われないかぎり工務店の権限があるのだ.工事の途中で工務店が倒産すると,建物が差し押さえられてしまったという話もよくあること.

本日より我孫子の家はクライアントのTさんの所有となり,もし火事があったらどうなるという話もあったが,今まではマンション生活で玄関の鍵だけでセキュリティも万全だったのだが,これからは何かと大変なのが家を建てる人の宿命なのです.



(写真)表札(インターホン付き?)も取り付けられた我孫子の家

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/04/27 Thu 22:12 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
確認申請を民間機関に出すことを考える 
今回,確認申請をビューロベリタスという民間機関に提出している.なんとフランス系の会社なのだ.今までいろんな機関に出して来た.有名な大手ERIは,大きなプロジェクトの審査が多い事もあり,住宅設計に対して鼻で笑う様な態度がある.予約をして行っても得意先を優先して随分待たされた嫌な思い出がある.なにしろこの機関は,多くの建築業の共同出資会社なのだ.“身内が身内を審査してどうする”という素朴な疑問がある.
イーホームズから分派した,ビルディングナビゲーションという機関には随分とお世話になった.しかし基準法の解釈が堅いのが難点.言われるままにやっていたらデザインができない.親しかった担当者が多摩支店に行ってしまい気軽に相談にのっていただけなくなったことから足が遠のいている.
民間機関との上手なつきあい方の一つは,担当者を指名できることであり,親しくなることによって,検討中のプロジェクトに関しても,建築基準法の解釈の仕方も事前に相談できる.エリアは関係ないので統一した設計方針が検討できる.民間機関の存在が欠陥建築をつくる温床にあるという意見もあるが,それはおかしい.実際姉歯物件は,役所でもいっぱい「合格」を出しているのである.役所が有能で民間が無能なわけがない.役所の方が現場と現実を知らないだけ話にならない事の方が多い.

今回は,佐倉市のK邸.やはり担当者のアドバイスで天空率という新しい法律を使ってみた.わからない事だらけで教えていただいたような形になってしまった.しかも無理を言って超特急で決済をいただいた.このような動きは役所では絶対できないのだ.感謝.



(ビューロベリタスジャパン 大宮支店)

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/04/26 Wed 21:49 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
イーホームズがついに閉鎖(!) 
先ほどニュースを見ていたら,イーホームズの藤田社長のインタビューで審査機関としての業務を終了することを発言していた.
このブログでも度々でてくるイーホームズ!我孫子の家もローンの”フラット35”の関係でイーホームズにお願いした.信濃町から始まり,支店が次々と増え,池袋支店までできた.この池袋支店でめっぽう短気な,E氏と遭遇しあまりにもの失礼さに投書したほどだった.審査で指摘する事も法律にはないこともあったし,審査がずさんだった.昔の(信濃町のみの頃)イーホームズはもっとアットホームさがあって居心地がよかったのだが,今回も我孫子の家で,完了検査を終えているのに,つじつまが合わない変更を次から次へと書類の訂正を求められた.まとめて出してくれればいいのに小出しの出すのは担当者や機関が方針を徹底できていない証拠である.
昔,イーホームズで,私たちと親しくさせていただいた人たちが集団で退職したことがあった.彼らは自分たちで審査機関を設立したのだが,今にして思うと彼らが集団で取った行動は何か組織的なあり方に疑問があったからなのだろう.そしてその行動が正解だったのだとわかった.



(写真)イーホームズで検査済み証をもらった我孫子の家

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/04/26 Wed 00:19 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
学校が終わってから佐倉へ!佐倉の家がいよいよ! 
学校が終わってから,佐倉四街道方面に向かう.今日は,佐倉の家の契約日(24日は大安!)なのです.マラソンで言うと折り返し地点にたどり着いた所か...まだまだこれからであるが,ちょっと一息つける.(嬉しい)
今日も授業をしつつ,いろんな事が雨あられのように降り注いでくる.携帯電話の電源を切りたいと真剣に思った.しかも体調はすぐれないし,学校で頭痛薬をもらう.....

勝田台の駅で,クライアントのKさんと,工務店の金正の石井さんと合流し四街道の金正さんに向かう途中,「子供たちが元気に遊び回る家」の近くを通るのであればと..車をとめて見学(写真).久しぶりにF奥様とも再会.ちょうど夕刊を取りにくる所だった.突然の訪問ながら楽しく話をする.いろいろつらい事もあるけど,ストレスがなくなった一瞬だった.携帯の写真ながらとてもいい感じがわかっていただけるでしょうか?




建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/04/25 Tue 00:11 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
オープンハウス終了 
オープンハウスを無事に終えました。



連日のスケジュールでかなりバテ気味。1つのプロジェクトを終えるには本当にいろいろなことがあるもの。。。でもプロジェクトの竣工は気持ちがいいものです。

今日は終日中央工学校にいます。新しく僕が受け持つのは1年生。今は製図の基本中の基本として線をひく練習の真っ最中。今でも製図の速さと奇麗さは自身があるはずのだが、よく考えてみるとすでに何年も図面を手で書いていない事に気づく。CADの時代になったとは言え、建築士の試験は手書きである現実。

P060423_1719.jpg


建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/04/24 Mon 08:59 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
やることだらけで...しかも風邪をひいてしまう 
風邪をひいてしまった.結構つらい症状....
でも朝一番に富士見市に行く.境界線が曖昧になっていたので立ち合いに行って来たはずだったが,売り主側はこちらの意図を把握していないようで空振りだった.でも前に,志木の菊もとの設計をした時に本命で見積もりをしてもらった,マツモト建設の澤田さんに再会することができた.なんとマツモト建設は今はもう存在しないのだ!



(写真)和光市の第二中学校に調査に行って来た.放送設備を総取り替えをする工事のための設計を担当している.この中学校の内装(カラーリング)も5年程前に僕たちが担当したもの.第二中学校には縁があるのだろうか?

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/04/23 Sun 04:10 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
明日我孫子でオープンハウスがあります 
我孫子の現場ではいろいろバタバタしています.
今週のはじめの話ですが,完了検査を終えて書類上一部修正をすることがあり,現場で保管している確認申請の副本を待っていたら,戻ってこない.なんと登記のために測量事務所に工務店が渡してしまって,そのまま法務局に行ってしまったとのことだった.それを待っていたら時間がかかるので窓口のイーホームズに連絡をしたところ,「正本」だけでもいいので修正をせよとの話.変な話ではあるが正本を直しにイーホームズの新宿支店にいく.本来は池袋支店だったのだが,このような事態で閉鎖され新宿支店に窓口が移ったのだった.客もほとんどいないし,指示する事に一貫性がない.



(写真)ちょっと寂しい感じのイーホームズ新宿支店
建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/04/22 Sat 15:56 】 | 日々のこと | comment(1) | trackback(0) |
| HOME | NEXT
ブログランキング・にほんブログ村へ