FC2ブログ
2005/12 << 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>> 2006/02
ボリビアの首都のラパスの思い出「酸欠」 
疲労感でいっぱい.気分転換に旅行のことを思い出すことに,

ボリビアの首都のラパスを訪れると富士山山頂並の標高ながら立派な街並みを観ることができます.
高地の盆地状になっている.低くなるほどに酸素が濃くなるので,盆地の一番底辺がメインの街の中心になります.周囲の崖地や斜面はインディオの集落がひしめきます.
こんな酸素の少ない所での建設工事は大変だろうと感動すらする.オフィスビルももちろんあるが資材にしてもどうやって運ばれてきてどうやって組み立てていくのだろうか?という視点で見るとかなり見応えがあります.
僕はホテルの階段を上るだけでもかなり勇気と耐力ががいりました.休み休みで登山感覚で階を上ります.それでも息が切れます.




写真:ボリビアの首都ラパスの街

建築家.米村和夫の建築 Site


スポンサーサイト



テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/01/18 Wed 17:43 】 | 休日のこと | comment(0) | trackback(0) |
| HOME |
ブログランキング・にほんブログ村へ