FC2ブログ
2005/12 << 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>> 2006/02
完全に風邪でダウン 
風邪で寝ていました.
やっと昼過ぎから熱が下がり始めたようで...事務所に
やることが,ますます山積みになってしまった!


arekipa

写真:旅先で寝込んだことは何度かありますが,南米を旅行していた時,ボリビアからペルーをまわりペルーの最後の街アレキパに着いたときにダウン.目の前のチリが遠く感じました.旅先でのダウンは何とも辛いシチュエーションです.助けてくれる人はいないし,動けない,でも動かないと栄養がとれない,買い物もいかないと,,,,,何よりも思考がネガティブになりがち.本当に過酷な自分との戦いなのです.
スポンサーサイト



テーマ:デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/01/31 Tue 17:23 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
東横インの事件から「後工事」について考える 
東横インの「後工事」が話題になった!(朝日新聞リンク)
http://www.asahi.com/kansai/news/TKY200601270306.html

この業界では,結構「後工事」は存在しますが,今回のように写真までしっかりあるのは衝撃的でした.内部告発しか考えられませんが....
設計者として,常に悩むのは,建築主から「やれ」と言われる事です.理由は「みんなやっているから」この理由でいざ,問題になったら誰が責任を負うのか....という矛盾と悩みを持っています.

nasu

写真:那須の八溝杉の家(茶の間)
建築家.米村和夫の建築 Site


テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/01/27 Fri 20:02 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
「月刊ハウジング」からの取材....「那須の八溝杉の家」 
「月刊ハウジング」から取材依頼の電話があった.対象は「那須の八溝杉の家」で「(仮)我が家は子供がすくすく育つ家! 」と言う特集記事になるのだそうだ.この家は「杉」にこだわった家で,クライアントのTさんとも随分と意見交換をしながら,楽しく家づくりをした思い出があります.
一般に,木造住宅をつくる場合,日本の材木のマーケットでは輸入木材がほとんどである.そこを国産の木材でつくろうとしては通常「割高」なイメージになるのだが,それを何とかしようと,材木屋をまわった.実際に地元で採れる「八溝杉(やみぞすぎ)」をふんだんに使った”輸入木材がない”が完成した.
そんな思い出もあるが,クライアントのTさんと久しぶりに話ができて嬉しい.

nasu

写真:那須の八溝杉の家

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/01/25 Wed 18:43 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
現在存在しない敷地に設計をするという「区画整理地域の家」に挑戦 
今日はいろいろと忙しい.車屋にも行って修理の相談をしないといけないし(22日ブログ参照:事故!),某市の土地区画整理組合事務所や現地さらに市役所も訪問.現場となる敷地は,今も雪がしっかりと残り田舎の面影のあるのどやかな所(写真参照).ここを区画整理してしまうのだ.事実上面影もすべてなくなります.まず,2メートル相当の土を入れて地盤が上がり,きれいな道路ができて,区画された住宅地になるのだそうだ.写真で見るような森も全てなくなってしまうらしい....造成後のイメージができないのに設計するのは至難の業である.


kimurasann

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/01/25 Wed 16:37 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
リフォームについて考える 
今日も中央工学校で一日.教室は不健康な雰囲気で一杯.インフルエンザや,自称”風邪”と言う熱が出ながら無理をしながら登校してしまう連中で極めて空気が悪い.教室を動くのもちょっとためらいがちになる.

写真;昨年竣工した「三鷹市深大寺の改修プロジェクト」.
家づくりの中に,リフォームもある.今ある家を生かしながらリフォームする方法も当然ある.その方が,環境問題やエネルギー問題からもメリットがあると指摘する専門家もいます.(本格的な)リフォームは,家にいながら工事をすることも可能であるが(そうでない場合もある)いろいろ我慢しないといけないこともある.例えば,毎日他人(職人さん)が家を出入りするのでセキュリティ面で不安がある.家じゅうが埃っぽい事も我慢しないといけない.骨組みをみたら図面通りでなかったり,構造的な欠陥や大幅な修復をしないといけない箇所が必ず出てくる.構造は今の建築基準法に照らし合わせるとまず「不適合」になってしまう.その補修費用が机の上の作業では算出できない.見積もり金額以上にコストがかかることを十分に認識していないと出来ない.また時間が想定以上に掛かることも例外的にはある.この写真の「三鷹市深大寺の改修プロジェクト」はなんと工事に半年もかかった.(予定では3ヶ月...という話だったのだが...)

三鷹

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/01/24 Tue 17:50 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
役所がメーカー住宅を推進するまちづくりの話 
某市の区画整理事業の話.市の提出したスケジュール表を見てびっくりです.○○月から「自由に住宅メーカー(工務店)と相談を初めてください(2ヶ月)」そして「工事期間(4ヶ月)とタイムスケジュールがつくられているのです.それ以降の仮住まいの家賃補助は出ない!
そこで大きな疑問
「なんで,期間をくぎって打合せをスタートしないといけないのか」
「なんで住宅メーカーと打合せをしないといけないのか?」
「なんで工期が4ヶ月しかないのか?」

家をつくるのは,何も住宅メーカーに頼むだけが全てではありません.設計事務所に頼む方法もあれば,自分でつくりたい人だっているはず.しかも大事な家づくりをたったの2ヶ月で設計できるはずがないのです.最低でも半年と考えています.工期4ヶ月では,プレファブメーカーしか無理で,役所が先導してメーカー住宅をつくれと指導していることと同じである.悲しい話.これは“まちづくり”ではない.



写真:三鷹市で計画中のM邸

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/01/23 Mon 19:10 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
大雪の後の日曜日.今日は晴天で雪がまぶしい!....その後事故! 
大雪の後の日曜日.今日は晴天で雪がまぶしい!
僕たちが住む和光市の市役所広場では,「彩の国ー鍋合戦」なるイベントが催されています.いろんな鍋を食べながら家族で楽しむ.これから打合せに行きます......続く

yakusyo

写真:和光市役所の広場

建築家.米村和夫の建築 Site



≪ 続きを読む ≫

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/01/22 Sun 13:23 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
ホリエモン一色になってしまったマスコミであるのだが.... 
ヒューザーの社長の証人喚問でいよいよ悪の建築問題にメスが入るかと思っていたら,ライブドア問題が一気に浮上.喚問の前日のしかも夜から強制捜査なんてあきらかに○○○○.マスコミもみんなホリエモン一色になってしまった.今まで散々ヒーローのように扱っていたホリエモンが人格すら否定されているのだから....

本当は,建築界の将来のために必要であった議論(違法建築をしないためには....,建築業,設計業のモラル感等々)や業者と政界との癒着などを切り込むには最高のチャンスを逃してしまったように思えてならない.

musasinosi

写真:武蔵野市M邸のスタディー模型(設計中)
建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/01/21 Sat 09:32 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(1) |
砂漠のチリをバス旅した時の思い出 
チリという国.....あまりにも知らなすぎて行って見たかった国です.
僕は,ボリビアからペルーを回り,チリにバスで入りました.首都のサンチアゴ(現地ではサンチャゴと言います)まではひたすら砂漠の道を走るバス旅でした.砂漠はペルーからずっとです.砂漠の中を一直線に走る道を旅するのにあこがれていたのですが,感動は1日で飽きてしまうことに気づき,夜間バスに切り替えることになりました.ちなみにチリのバスはかなり充実しています.(日本の高速バスなんて比較にならない)グレードの差はありチケット代に影響をしますが,グレードの高いバスだと大型バスに20名分くらいしかシートがなく,ものすごい余裕の室内になりシートを倒すとほぼ水平になります.僕はもう少しエコノミーなバス(確か定員40名)を選びましたが,飛行機より疲れない乗り心地と安定感です.しかもバス仕様のスチューワーデス(男)がいて,飲み物やら食事やらタオルやら(確か香水を振りかけるサービスもあったような)砂漠を見るより,ちょっとリッチな気分になる事に感動してしまったチリのバス旅でした.ちなみに10年前の話.

ちり

写真;砂漠を一直線に走る道

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:バックパッカー - ジャンル:旅行

【2006/01/20 Fri 16:43 】 | 休日のこと | comment(0) | trackback(0) |
学校では就職の話で盛り上がっていますが... 
木曜日は,毎週慌ただしい,学校の授業が終わってから電車を乗り継いで打合せに世田谷にいく,三鷹で計画中のM邸の打合せのためだ.今日は埼玉県の設計事務所の協同組合(彩・都市計画建築設計監理協同組合)の新年会兼定例会とバッティングしていてそっちをキャンセルしてしまう....(組合の皆さん申し訳ありません)

学校では,相変わらず,来年の就職活動についての話題が多い.現在来ている(今年の卒業生)求人のファイルを観ながら,勝手に,ここがいいだの,給料が高いだのとのんきな会話で盛り上がっている.そんな中でコメントをしたのですが,「給料を就職の価値に優先するなら目先の初任給で判断しない事」という話をした.僕の体験でもあるが,僕の勤めていた設計事務所のボーナスは30万円なかった(しかし今思うとボーナスが出る設計事務所の方が希少価値だと思う).同じ大学の2年後輩が就職した,スーパーゼネコンと言われるS建設で,手取りで100万もらっていたのだ.当時は,「この差」に愚痴ったものだった.もちろんそんなプロセスを経て,「お金が全てではない」という事も学んだのだが....

meratei

写真:三鷹で計画中のM邸(Mさんの家で)

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/01/19 Thu 09:34 】 | 学校でのこと | comment(1) | trackback(0) |
| HOME | NEXT
ブログランキング・にほんブログ村へ