FC2ブログ
2005/11 << 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>> 2006/01
課題の提出期限は絶対条件というのが設計業界です 
中央工学校で終日過ごす.
今週の木曜日(22日)は,僕にとっても年内の最後の出講日であり,生徒にとっては設計課題の中間提出日となっています.さすがに皆真剣な表情になっています.僕の卒業した日大では,提出期限の時間になると部屋が施錠されてしまいます.課題の提出期限は絶対条件であり,間に合わなかった人は,情け言い訳無用で「OUT=留年」なのです.だいたいどこの大学でも同じような”お約束”があるものです.その過酷なハードルを何度も越えながら,でも設計が好きという人間が残ります.

こうがくん

写真:授業風景.光賀くんはやっと長いトンネル(悩みの時間か)を超えたかな?と思われます.さわやか笑顔が戻りつつあるようです.
建築家.米村和夫の建築 Site


スポンサーサイト



テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2005/12/20 Tue 19:38 】 | 学校でのこと | comment(0) | trackback(0) |
12月の夜は,一人で思いにふける....「年賀状」 
深夜に事務所で年賀状の宛名印刷をしている.毎年この時期はバタバタしながら思いにふける.データーベースにある名簿から誰までを印刷するかは本当に微妙な判断である.年に唯一のつき合いなのか,一度かもしれないがお互いがプラスになるつき合いになるのか....もしかしたら相手からはもう葉書がこないんじゃないだろうかと...と一人で思いにふけるのである.
昔頻繁にお会いしていながら縁遠くなってしまう人がいかに多いか.もっぱらの理由は僕が外向的な生活をしていないことによるのだが.....独立したての頃は20代,仕事もないので,夜はいつも勉強会などに顔をだしていた.人付き合いは大好きだ.その頃の交流が懐かしくなるのが12月である.

タージマハール

写真:インドのタージマハール.この建築物の用途は「墓」!.全てが大理石で出来ている圧倒的な大理石の存在感は感動であった.熱い日射の中,ここを裸足であるくと本当に気持ちがいい.

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2005/12/20 Tue 02:57 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
| HOME |
ブログランキング・にほんブログ村へ