FC2ブログ
2005/11 << 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>> 2006/01
中央工学校で一日.最近の設計製図の授業風景は変わりました. 
中央工学校で一日
最近の設計製図の授業風景は変わりました.みんながノートパソコンを広げて作図するので昔ながらの風景とは全く違います.でも作業をしているふりをしながらゲームしたりDVDを見る馬鹿者が現れる.自己責任の歳だしあまりそのレベルの話はしたくないが,高~い授業料を払っているご両親を不憫に思う.

今日写真で登場するのは光賀(こうが)君.笑顔がさわやかでピアノで何でも弾ける学生であるが,何故かいつも一人相撲を取る傾向がある.かなり悩んでいるのだが,アドバイスをしても次の週は全く違うものをつくってくる.ずっとそんなつき合い方だが,「創作はそれを乗り越えないと生まれてこないもの」頑張って欲しい!

kouga


朝霞台の家オープンハウス情報:12月1日から11日まで!(要予約)

建築家.米村和夫の建築 Site
スポンサーサイト



テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2005/12/01 Thu 18:08 】 | 学校でのこと | comment(0) | trackback(0) |
構造計算書の偽造を知っていながら問題視しなかった「日本ERI」とは?! 
相変わらず,姉歯関係の話題で花が咲く業界である.今度は,同じく民間機関の「日本ERI」が構造計算書の偽造を知っていながら問題視しなかった事が判明してきた.ERIは審査機関で最大手と言われていて,僕たちも一度だけ活用したことがあるが,二度といくものか!と確信していらい足を運んだことがない.小さな住宅の申請に対して明らかに「見下げた」態度を取られたことに対する反発からだ.
「日本ERI」は,営業停止処分を受けたことがある会社で,その間(1ヶ月)電話も取り次いでもらえない事があった.僕たちが一番問題視するのは,建築メーカーやゼネコンの共同出資で出来ている組織であること.出向者も多いという噂.待合いスペースに行くと,ビシッとスーツで決めたサラリーマン設計士がずらりと順番を待って並ぶ.サラリーマン的な空気が他の民間機関と随分違う.
設計する側と審査する側が仲間であれば「意味がない」のではないか?と疑問に思う.

塚田邸

写真は我孫子の家:12月30日屋根工事の状況

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2005/12/01 Thu 17:55 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(2) |
| HOME |
ブログランキング・にほんブログ村へ