FC2ブログ
2005/09 << 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>> 2005/11
昨日は,東久留米のオープンハウス最終日でした.どうもありがとうございました. 
昨日は,東久留米のオープンハウス最終日でした.どうもありがとうございました.今日引っ越しなのだだそうです.

ルカママ

(写真)夕方より近所の知人の子供の誕生日会+ハロウィンパーティーがあったので,オープンハウスを早退して子供と一緒に参加.主宰するご夫婦は外国人カップルで僕たちは子供が出来る前からの知り合いで子供も長女が同級生(同じ保育園の年長)なのでなにかとつき合いがある.普通に外国人の子供と一緒に遊ぶ時代に入りつつあるんだなあと実感する(ただし子供同士の会話は完璧な日本語のみ)大変な気合いの入りようで驚きつつも感動,まさしくラテンパワー!(イタリア人)炸裂です!盛り上がるときは徹底的に盛り上がるスタイルは日本人も学ばないといけない!最後何十個も用意した風船を割るゲームをしたり,カボチャたたきゲーム等々かなり用意周到だ.でも足の踏み場のないくらいのゴミはどうするのか...(でもそんな事を考えていたらラテン系パーティはできないのだ!),子供達も大満足しているようで親としても嬉しい,心よりのお礼と思い,部屋中(団地の集会所)の後かたづけを一緒にする.(日本人って結構あっさり帰ってしまう...)

建築家.米村和夫の建築 Site
スポンサーサイト



テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2005/10/31 Mon 11:11 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
同じ家をつくるにもいろいろな方法がある 
29日の夜にお客さんの所に相談に行ってきて帰ってきたところです.
その際,某メーカーの作成したプランと資料を見せて頂いた.それについてコメントをするのが僕の仕事なのだが,まず.(僕が予想するに)短期間で,平面図,立面図などの一般的な図面からCGや明細な内訳書数十ページ,さらには模型まで創ってプレゼンをしたという話!まさしく命がけの仕事(営業)だ.恐れ入ります.

命がけで営業をするのはいいのですが,要望やイメージなどの意見交換も十分にできていないのに,そこまで完成させる必要性があるのだろうか?という事だ.たしかに短期間で膨大な資料を持ってくるのは感動的かもしれない.でもクライアントの要望は確実に反映されているとは思えない.たった1回のヒアリングで明細な金額がでるはずないのである.でも資料は明日にでも着工できます!というノリの資料なのだ.
設計は積み上げていくものだと改めて思った.僕たちのいる世界とは違う.
六甲

写真は「六甲台の車いすのお母さんの家」

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2005/10/30 Sun 00:22 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
窓に塗装ができるのは結構贅沢なことではないか?人間味のある空間を試みて 
東久留米のオープンハウスの後,午後に朝霞台の現場に立ち寄る.ちなみに,この現場を担当していただいている和光建設さんは公共事業で鍛えられた建設会社.設計者や役所とのやりとりも間違いがない.安心してかつ現場に行くのが楽しい.関わっている業者さんもみんな紳士的だ.
今日は塗装屋さんが4人入っていて盛り上がっていました.壁面の下塗りと窓廻りなどの塗装を行っていた.壁面は「白」に塗られ雰囲気ができてきた,とてもワクワクする.
写真は,「マービン社のインティグリティ」という窓に塗装をしている光景.僕らが最近良く採用している窓だ.輸入サッシで良い面も悪い面もある.その中で今回お伝えしたいのが窓に塗装をするという事だ.室内側が木製なので塗装ができるのだ.ほとんどの家がアルミサッシなのでサッシを塗装するということが無いのが現状.だから窓に塗装ができて,インテリアを大きく影響を与える事ができるのは魅力だ.のも大きな魅力です.
東久留米の家は「濃い茶色」ですが,朝霞台の家は「白塗装の拭き取り」という仕上げ方をしている.木質感を残しながら白色を描ける方法だ.
塗装

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2005/10/29 Sat 23:58 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
東久留米の家:チャコールハウスのオープンハウスを行っています. 
東久留米の家:チャコールハウスのオープンハウスを行っています.僕は午前中だけだったのですが招待した皆さん来ていただき感謝しています.
昨日新聞折り込みのチラシを巡り施工会社ともめました.私たち設計者の名前を削除して印刷を掛けたことが原因です.しかし文面は「建築家と家づくり」等書いてあって笑ってしまいました.そこに至るまでの経緯はあまりにも長くてここでは書けませんが,「設計者と施工者」の関係はたぶん業界にとっても永遠のテーマではないでしょうか?デザインをして,クライアントの利益を守るのが建築家の役割で,施工者は創って利益を出すことです.熱海で担当していただいた小川社長が言っていました.「僕らは建築家と付き合うスタンスは心得ているけど,そうでない工務店は,被害者意識をもってしまうからね...」確かにその通りとつくづく思う.
そんな事もあって,とても緊張感の漂うオープンハウスでした.
入江邸

写真:朝霞台の家の階段室(本日壁面の塗装工事(下塗り)が行われた)

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

【2005/10/29 Sat 16:52 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
決算で悩む毎日.....16期に入りました! 
会社には決算というものがあります.僕たちの事務所は法人で僕が独身時代から始めてなんと15期が終わり16期目に9月から入りました.その15期の書類が出来上がり署名やら捺印やらの仕事で税理士事務所に行って来ました.本当に頭の痛いのが消費税です.その都度払えば何とも思わない(?)のですがまとめてみると体が凍り付きます.

明日,明後日と東久留米のオープンハウスがあります.予約をいただければ私たちがご案内します.是非いらしてください.

tamurasan

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2005/10/28 Fri 23:55 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
和やかにそして真剣に取り組む現場.僕らも現場にいくのが楽しい! 
朝霞台の家のオープンハウスのお知らせサイトを作成しています.是非見て下さい.今回は関わっていただく工務店から各工事の担当者は皆勝手を知っている仲間同士.でもプロとしての妥協をしないで工事に取り組んでもらっています.どの関係者も和やかにそして真剣に取り組み僕らも現場にいくのが楽しい.どの現場もこのように楽しく仕事ができたらどんなに楽しい事だろう.

朝霞台の家

写真:朝霞台の家の螺旋階段
建築家.米村和夫の建築 Site

≪ 続きを読む ≫

テーマ:建築 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2005/10/27 Thu 19:13 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
河野構造設計事務所の河野さんからのメッセージがきました 
河野構造設計事務所の河野さんからのメッセージがきました

一般の2階建て以下の建物には「構造設計が入っていない」という事実をお客さんは知らないことがほとんどです.ときどき、プレカット屋の図面をチェックして欲しい,という依頼を受けることがありますが,なかにはとんでもないものもあります.

これだけ安全のニーズが高いのに、安全が提供されているのだろうか?という感じで.壁量計算は、建築基準法の言うところの最低限の基準を満足しているだけで,全く安全ではない!ということをもっと積極的にいってもいいのではないかなぁ,なんて私も思います。(N値による引き抜き力の計算はもってのほかです!)

河野さん
建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2005/10/26 Wed 12:00 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
「自分がやりたいこと」をちゃんとアピールできるようになって欲しいと願う...中央工学校での一日 
本日は一日中央工学校.今日は課題である「公園に建つ展示施設」のテーマおよび構想(コンセプトとも言う)をペーパーにまもめて提出する日で一日,生徒と意見交換をしました.かなり疲れた!
僕の行っている学校だけの傾向かもしれないが,自分のやろうとする建築物をアピールすることができない.例えば,星や天文に関する展示施設をつくりたいと生徒が言う.それに対して僕が「何で,北区中央公園に天文に関する施設が必要なの?」との質問に返事ができないのである.本来はちゃんと敷地やそのエリアの状況などから総合的に判断して提案することが理想なのだが,仮にそうでないにしても「自分がやりたいこと」をちゃんとアピールできるようになって欲しいと少々過激であるがそんな話をした.

入江さん

写真は,朝霞台の家のテラス空間.テラスに大屋根と壁があり雨の日でも他のしめれる結構大胆な構成になっています.ここも巧左官工芸の鈴木さんに石灰を塗ってもらいます.とても心地よい場所になると思います.オープンハウスの予定があります.日時はまだ未定ですが予約をいただければ随時案内いたします.
建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2005/10/25 Tue 18:19 】 | 学校でのこと | comment(0) | trackback(0) |
構造の専門の設計者(1級建築士)が監理をするということはあまり知られていない. 
22日の話ですが,我孫子の家の現場に河野構造設計事務所の河野さんに行っていただきました.今回は平屋建ての住宅ですが僕たちはいつも構造設計者にお願いして設計監理をしていただいている.一般には一級建築士は何でも知っているように思われがちですが,医者でも小児科と外科は全く違うように,僕らは意匠設計者といいデザインをするだけでなく,全体を統括する立場になります.構造設計者は構造に特化した立場で検討していただく意匠設計者のパートナーの1級建築士です.

つかだ

写真:パートナーである河野さんの検査風景
塚田邸
建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2005/10/24 Mon 19:03 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
清水塗装の清水さんが今日の主役!完成するイメージが出来上がってきつつあります 
朝霞台の家に行きました.左官の鈴木さんは今週お休みとのこと.清水塗装の清水さんが今日の主役だ!部分部分の色を決めていきだんだんと完成するイメージが出来上がってきつつあります.何かと心労が続く毎日.この現場に行くとホッとします.
しみずさん


建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2005/10/24 Mon 17:29 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
| HOME | NEXT
ブログランキング・にほんブログ村へ