FC2ブログ
2005/06 << 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>> 2005/08
20日は,夏休み前の最終授業(発表会)がありました 
21日(木曜日)は夏休み前の最後の出講日となる.課題の優秀作品の発表と講師の立場から講評を行うイベントである.僕のクラスでは,3名を選び発表してもらった.皆とても一生懸命スピーチを行い心地よかった.今回とても発表がよかったK君について人物評を少々,彼は今回,予想以上に頑張って発表をしてくれた.パソコンを駆使したパワーポイントによるプレゼンテーションは意表をついていたし感動的だった.彼とは1年少々のつき合いになるが,どちらかというと期待はずれの連続だった.(期待したくなる人間だからだという意味).一番おそまつだったのは,前回の提出日にインフルエンザにかかってしまい提出遅れの扱いになってしまったことだ.この世界では提出に遅れるのは「死」を意味するようなもの.体調管理も含めて求められる大事な要素だ.

彼はそこそこやって行ける素質を持っている.なにしろ勉強好きで向上心が強い7月だけでも4つの資格試験を受けている,両親は共に教育者で教育,教養に対する姿勢がしっかりしている.スポーツは万能で中学高校はサッカー部でスカウトも来たほどだと言う.さらには音楽を愛し,ピアノは何でも自由に弾けて作曲もできる.卒業式の先生で構成するバンドのメンバーでもある.

もう少し頑張れるのに...と思い期待をこめた指導をすると,彼のやる気が空回りするタイプの人間だ.しかも体育会系の割に以外と根性がない.1ヶ月に4つの資格を取ることは,立派なことで僕には真似できないが,「いい作品」をつくることに集中することも大事な事.友人の先生が言ったのは「仮に普通の資格を20個取るより1級建築士1つ取った方がいいんじゃない?」僕も後者の方なのでうなずいた.(写真はK君:笑顔もさわやかだ)??
光賀君


建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築・インテリア - ジャンル:学問・文化・芸術

【2005/07/21 Thu 02:01 】 | 学校でのこと | comment(0) | trackback(0) |
7月20日 ついに朝霞台の家が上棟しました,楽しく上棟式を過ごす 
20日は,朝一番で子供の小学校の終業式に出席,式の終了後長男と駅で別れて川越の南大塚の打合せに行く.朝顔の鉢が重い...この川越のプロジェクトがびっくりするくらいスケジュールと予算が厳しい.なにしろまだ方針が固まっていないのに来週着工なのだ.ギャンブルに近いものがある.打合せが終わったのが2時半で,朝霞台の現場に直行する.
無事に上棟するのか心配で朝一番に,スタッフの曽田くんに現場に直行してもらい写メールで報告を受けながらの移動だった.僕が着いたときは,上棟しており,屋根に構造用合板(ベニヤ板)をクレーンで運びこんでいた.屋根の頂上で指示するのは,棟梁の木梨さんまさしく青空に仁王立ち状態でかっこよかった!手摺りがあればともかく,なにもない上空で幅12センチの構造体に立ち,右に左に動く姿は感動的です.無事にクライアントのIサン一族も到着し,木梨さんのアドバイスに従い,建物の各場所にお酒とお米をまき,2階にお供え物を置き儀式を終える.塗装屋の清水だんや防水屋(実は何でもできる)タカコウさんも出席して楽しいひとときを過ごす.上棟式をするかしないかは,どのプロジェクトでも話題になるが,私個人の意見としてはやることに賛成である.宗教やしきたりより,工事に関わった人たち,自分達の家を建てるために汗を流してくれる人たちとの交流の場って実はほとんどないのである.創る側だって,自分が手間暇書けている現場は,どこの誰が住むのかなんて知っていたらもっと気持ちが入るものだ.??

0720朝霞台

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築・インテリア - ジャンル:学問・文化・芸術

【2005/07/20 Wed 01:59 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
(嬉しい出来事)今日は武蔵野市に打合せに行ってきました....その後朝霞台に 
日曜日は武蔵野市のYさん宅を訪問.2回目の訪問になります.あるサイトの紹介によるのだがYさんに「米村さんは,先日訪れてから特に連絡がないのですが,他の方達は熱~いメールが来てるのですよ」...なるほど,僕たちはお会いした際に,私たちの姿勢や方針などを伝えていたが,他にも建築家と会うことは言われているしあまり営業スタイルの強いアプローチをするのも気がひけた.でもやはり「縁」があるかないかは運命的なものと考えています.
Yさんは「予算も厳しいしやりがいがないでしょう?」と言われたが,もちろん予算があればあるほど,デザインや素材の可能性も増えて面白いことは事実だが,僕らは大手企業ではない,街場の一事務所の存在だ.「縁」があり「感謝」される仕事は喜んで受ける.受けた仕事は誠心誠意やるのが基本姿勢です....と改めてそんな話をした.因みに雑談の中でこのような話をした.「家づくりは,楽しんでやるものです」この”楽しむ”という姿勢が非常に大事である.あえて言えば,私どもが縁があっても断るとしたら”楽しむ余裕がない人”だ.かならず家が完成するまでの1年ぐらいの期間にノイローゼ状態が悪化していくか,設計者や工務店を敵視するようになってしまうのだ.僕らの建築の仕事は,完成した時にいただく感謝の言葉と笑顔があってこその仕事であり,正直プロセスはつらいことばかりだ,体力も応える年になってきた.徹夜はかなり厳しい(今週は2回も徹夜してしまったし....)建築の仕事は山登りと同じで,達成したときの喜びが支えなのです.


その後,家族が遊んでいる朝霞の「わくわくドーム」へお迎えに車でいくついでに朝霞台の家の横を通る.鉄骨が建ち,外足場もできていた.土台も既に設置され,上棟を待つ体制に入っている.これもワクワクする.(写真)何故か中学生と思われる女の子が二人座り込んでくつろいでいる.まあいいだろうと何も言わずスルーするが,今までは座り込むような「場所」ではなかったのが,人を引きつける「なにか」が生まれたからこその出来事だ.勝手な納得をしてしまった.
??

0718朝霞台の家


建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築・インテリア - ジャンル:学問・文化・芸術

【2005/07/18 Mon 02:17 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
また徹夜してしまった.... 
房総の仕事のとりまとめと雑用ではからずも徹夜してしまった.かなり体が応える.(昔は徹夜なんてへっちゃらだったのに...)今回は徹夜をするつもりではなく,我が家の愛犬パピィを連れて事務所にきた.散歩に連れてくるくらいのつもりだったのだが,何故かそう行かなくなってしまった.
今日は子供の保育園のイベントがある.大変子供が楽しみにしていた「みなみっ子祭り」だ.??

南っ子


建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2005/07/17 Sun 02:17 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
房総を往復する....あらたな問題点が浮上する.悪徳不動産屋斬り!? 
昨日,二度目の房総への調査に出かける.今回の目的は,計画地を再度確認したかった事と計画地の周囲にあるコンクリートの擁壁のデータと近隣の地質のデータを役所調査でゲットできるかどうかだった.まず敷地に向かうが,出発が遅れたために首都高速がほとんど全て渋滞で,昼過ぎになってようやく着いた,片道でくたくたになった.「要子あん」という高台の住宅地だが.夏日で汗がダラダラでる.もう梅雨は明けたのではないかと思うがまだらしい....その後市役所に行っても何も得るものはなかった,大原にある土木事務所に行ったら,核弾頭に近い問題点が明らかになった.敷地の西側(海が見える側ではない側)の擁壁が2m程あるのだが,その上にコンクリートで施工したての塀が建っているのだが,(写真参考)その工事が大きな問題だった.千葉県では条例で2mを超える塀は,申請が必要で,「崖地」と見なされるのだ.崖の高さの2倍を敷地境界線から離さないと「違反」になるのだ!今回裏の敷地が約2mの既存の擁壁に約2mの壁をつぎたしたので4mの「崖」ができてしまったので,境界線から8m離さないといけないことになってしまった!!!(緩和規定はあるものの)8m離したら建物なんて建てれない!役所の人曰く,「この新しい擁壁は申請が出ていないですね」って...要するに,不動産屋が土地を売るためには,もっと地面を上げて眺望をよくしないと....というアイデアで2m程地面を上げたのだ(2ヶ月ほど前の出来事らしい).こちら側はいい迷惑で,早速その不動産屋に電話を入れるが,担当者は「営業担当で技術のことはわからない」と逃げる.逃げても困るし何も解決にならないことを伝え,具体的にどうすべきかを話をしたが,「私は営業で技術はわからない」と何回言ったか...そのくせ「しっかり施工しているから大丈夫ですよ」と言う.じゃあ「しっかり」とはどう「しっかり」施工しているんだ,「具体的にどのようにしっかりしているのか」を証明してもらわないとこっちは家が建たないのだ!口先で言う「大丈夫」なんて信用できるわけないじゃないか!誠意がなかったらこっちから訴えてやる!悪徳不動産屋!斬り!??

0716勝浦

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築・インテリア - ジャンル:学問・文化・芸術

【2005/07/16 Sat 02:16 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
朝霞台の家の現場に鉄骨が建った!!!! 
本日朝霞台の家の鉄骨壁が搬入されて建った!(バンザ~イ!写真参照)しかしこの感動的な瞬間は勝浦に行っているために見れなかった.現場から曽田君に報告をもらって喜んだ.朝霞台の家は木造なのだが,構造的に,この一部分を鉄骨にしないともたないからだ.この工事は,形態はシンプルに見えるが,かなりの「くせ者」で木材は全て大工さんの手加工で,木材の組み立てはかなり手こずることが予想される.難しいことは判っているが,棟梁の木梨さんも,和光建設の栗原さんも,ネガティブ思考になることなく取り組んでいる.「手間が普通の家の2倍から3倍かかっているよ!」と明るく語るのは木梨棟梁.感謝すると同時に,本来創造の世界はこうであるはずだ!と心に強く感じるものがあった.実は今某プロジェクトの見積りでは「手間が普通の家の2倍から3倍かかるし,やってみないとどのくらい大変かがわからないから値段は安全を見て高くせざるを得ない」と2社に言われてしまったからだ.それぞれ思想も立場も方針もあるだろうから否定はしないが.....信じていた(期待していた)会社から堂々と言われると何ともやるせない気持ちで一杯だ.1社に関しては,建築家とのつき合いがほとんどない.私たちの前に建築家とのプロジェクトを施工したが,赤字が出たらしい,建築家との仕事に対しビクビクしている所がある.「建築家はいろいろうるさいし面倒ばかりだ.変更も多いし,図面の不備も施工者がかぶらないといけない.諸経費率20%は絶対必要だ.出来ればやりたくない」というのが多くの施工者側が見る建築家との仕事観だ.被害者意識をもたない工務店さん連絡ください.末長くおつきあいをしたいです.??

0715朝霞台

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築・インテリア - ジャンル:学問・文化・芸術

【2005/07/15 Fri 02:15 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
中央工学校で眠気と闘いながら 
徹夜明けで中央工学校に行く.今日は課題の提出日.学生達にとっても勝負の一日だ.担当するクラスでは残念ながら,提出出来ない学生が8名も出てしまった.そのうち5名は,締め切り時間から30分以内に出せた者.でも期限後の烙印は押される.2人はプリンターが壊れたために出せないとのこと.僕が学生の時は,締め切り時間がくると部屋のカギが閉められてしまう.それで留年が確定する!当然両親とも膝をつき合わせた会話は避けては通れない.中央工学校はそこまでしびやにしないのがはたして「優しい」ことなのかどうかが日々悩むし会議の話題になる.僕らは,提出に1分でも遅れれば「留年」が決まる.中央工学校では,注意され怒られるだろうが,何も生活は変わらない.だから遅れる前科者は次も遅れることが多い(評価は最低となるので,就職などにも大きなダメージとなるが)
しかし,徹夜明けで生徒の図面に目を通すのはつらかった.??

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築・インテリア - ジャンル:学問・文化・芸術

【2005/07/14 Thu 02:09 】 | 学校でのこと | comment(0) | trackback(0) |
もうくたくたな一日 
今日は,多くを語れません.
川越で某プロジェクトの打合せ,たしか....先週の打合せでは秋口にオープンという話だったのですが,なんと9月初旬にオープン!もうびっくり,その後柏へ一気に行く.車でコンビニ弁当を合間を縫って食べる.打合せ相手の工務店さんには歓迎していただくが実りある話だったのかどうかは今でもわからない.複雑な心境で和光に戻る.家族で食事をしたあと事務所にもどるが,メールの山でストレスはピークに...スタッフの曽田君,鈴木君と貫徹で御殿場のコンペ(写真)をやって,朝一番で残りを二人に託し中央工学校に行く.??

0713御殿場

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築・インテリア - ジャンル:学問・文化・芸術

【2005/07/13 Wed 02:13 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
本日は,ずっと考え事をした一日 
今日はずっと事務所で仕事.昨日は体が熱っぽく異常な疲労感で夜仕事をしようという試みはみごとに流れ寝てしまった.(学校でもらってきたウィルスだ)でもなんとか体はもちこたえたようだ.14日提出のコンペのテーマ文章を考えているがなかなかはかどらない.円形をモチーフとしたウッドデッキのある家を提案しようと考えている.円形のモチーフが意表をつく...という事から「円形脱帽する家」はどうかと言ったらスタッフに拒否された,(笑)

明日予定している着工前のプロジェクトの打合せがかなり悩む.最近ずっと気分がすっきりしない.予算に合わせるのはいつも悩む.少しでも良い条件で工事契約にもっていきたい.もちろん設計者としてのこだわりや生命線もあるし,一生に一度の家づくりなのでクライアントにも熱い気持ちがある.それに答えるのは設計者としての役割だ.私たちの業界で「トレードオフ」という言葉がある.何かを得ようとすれば何かを捨てるという意味だ.先日いくつかの減額できそうなリストをクライアントにだした.「そこまで妥協するなら工事をする意味がない」との意見....僕らの心にズシンと重い石が乗っかったようだった.スタッフの鈴木君とともに過去のプロジェクトの見積書などを分析しながら工事費の単価などを確認するが決定打がどうもない.こんな地道な作業も設計事務所ではやっている.「生みの苦しみ」だ.

そう言えば,ちょっと前になるが面白いやりとりをある工務店としたので紹介したい.(もちろんプロジェクト名は秘密)某工務店とは2件目のプロジェクトなので見積もり方や単価は全て判っているのに,見事に単価が違う.基礎工事など2倍だ!(根拠もない!)壁に貼った,再生木製チップで私たちの事務所でよく使うオガファーザーという壁紙も平米単価が1900円となっている.どんなに考えても1200円が相場だ.そんなことがあるはずがないと思って,項目を一つ一つ査定していくと30項目ぐらいに単価や見積り方の問題点が明らかになってきた.金額にして200万超!質問すると「あのプロジェクトは特別で今回とは違います」だって,なんか笑っちゃうような建築業界です.このような事をするから「土建屋」といわれ胡散臭い業界と言われるのだ.??

0712我孫子の家


建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築・インテリア - ジャンル:学問・文化・芸術

【2005/07/12 Tue 02:12 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
ドイツ製キッチンのアルミルモ社の日本代理店が倒産した....つらい事が続きます.... 
土曜日は東久留米の現場の上棟式に参加したことは書きましたが,いや~ボリュームが大きい!これが延べ面積22坪の住宅とは....確認申請でいろいろ言われたことを思い出した.建物には「軒高」という高さを表示しないといけないのだが,実は解釈によって変わる.今回の東久留米の住宅は軒高の解釈が「カギ」だった.後ろの人からは,「窓をつけたら訴える」と言われたり波乱ぶくみの現場だ.
(写真)話は変わるが.先日,メルクーアというドイツ製のキッチンの日本の代理店のさらに代理の弁護士事務所から手紙が送られてきた.メルクーアは破産手続きにはいったとの通知だった.一言で言うと倒産だ!三鷹の深大寺の住宅(リフォーム)はクライアントのお気に入りということでメルクーアにキッチンを頼んだのだ.しかし半年たった今でも,フードは傷もので,保証書がなかったりで正式には「工事は終了していない」状態だった.内容証明をおくる手続きにも入っていたし,直接交渉(?)していた.今に思えば,倒産することは時間の問題であり,相手はこの数ヶ月時間稼ぎをしていたのだ.僕らも弁護士にどうすべきか相談していたのだが.....一番想定していた最悪の結果がでた.
そんなかんだで,いろいろ悩んでいた.もっとストレスのある事もあるが進行中なので言えない.??

0711米良

建築家.米村和夫の建築 Site

テーマ:建築・インテリア - ジャンル:学問・文化・芸術

【2005/07/11 Mon 02:34 】 | 日々のこと | comment(0) | trackback(0) |
BACK | HOME | NEXT
ブログランキング・にほんブログ村へ